肌質とクレンジング

肌質とクレンジング

お肌には敏感肌、乾燥しやすい傾向の肌、油分が多い肌など、いろいろな肌質があるわけですが、それぞれの肌質に向いたクレンジングを使うことが大切です。
肌質になじまないクレンジング剤を使ってしまうと、反対に肌荒れを起こしてしまうことがあります。
クレンジングには、最近人気のオイルクレンジングから、クリームタイプ・ミルク状・ジェルタイプなどがあります。
それぞれ特有の効果と注意点がありますので、可能な限り自分の肌質に向いているものを使うということが大切です。
濃いメイクでもオイルクレンジングなら難なく落とせることから人気を集めていますが、乾燥肌の方は、肌のバリア機能も一緒に洗い流してしまうこともあるので避けたほうが良いでしょう。
オイルクレンジングの場合には、メイクが浮き出してきたら素早く洗い流すようにしましょう。
乾燥肌やアトピーを持っている方だと、油分を保つ為にもノンオイルのクレンジングが適しています。
敏感肌なら、オリーブオイルなどに代表される同じオイルでも植物性のものを使用したクレンジングが良いでしょう。
部分によって脂っぽかったり乾燥してしまったりする混合肌の方は、クレンジングを使い分けるようにしましょう。
多くの人気を獲得しているオイルクレンジングは目元などの濃いメイク部分に使用し、ミルクやジェルなどのクレンジングの優しいタイプを肌全体のメイク落としに使えばよいかもしれません。
いくらメディアで人気といわれるクレンジングでも、自分にも最適なクレンジングだとは限りません。
はじめに自分の肌質をしっかり確認し、この結果を踏まえて手に取るクレンジングを決定することが欠かせません。
肌質を考えずにクレンジング剤を選んでしまうことで肌荒れにつながることがありますから、注意が必要です。